あおぞら

旅と育児のブログ

迷ったらコレ!オススメの蛇口直結型浄水器★

f:id:nori_mama:20210930224017j:plain

 

こんにちは!noriです☆

 

子どもが生まれると、食べ物や飲み物など、口にするものの安全が気になってきますよね。

 

私も子どもが生まれてからは国産とか無添加とか、今までそんなに気にしてなかったことがすごく気になるようになりました。

 

ミルクやお茶を飲ませる時も、なるべく不純物が含まれていないきれいな水を使いたいと思うようになり、水道水を使うことに抵抗を感じるほど。

 

子どもが生まれるまでは、日本の水道水はちゃんと浄化されているから大丈夫♪と思っていましたが、よくよく考えると、蛇口の配管の内側とか汚そうじゃないですか??

 

例え煮沸したとしても何かしら不純物は残るだろうし。。。

 

水道水の不純物について調べてみると、塩素、トリハロメタン(発がん性の恐れがあると言われている)等が含まれているそうです。

 

人体に害がないほんのわずかな量のようですが、なんとなく恐いので、除去できるものなら除去したいですよね!

 

一度ウォーターサーバーを設置することも考えましたが、場所を取るし、毎月3,000円ぐらいコストがかかるので断念。

 

浄水器の中で一番安いポット型は、濾過するのに時間がかかるというデメリットを受け入れられず、これも断念。(飲み水だけであればいいですが、料理に使うのであれば、ポット型は不便に感じそうです。)

 

結局消去法で、あまりコストをかけたくない、飲み水だけでなく料理にも使いたい、という私の希望を満たす蛇口直結型浄水器を購入することにしました。

 

蛇口直結型浄水器で有名なのは、パナソニック三菱ケミカル東レの3社。

 

デザイン、値段、除去対象物質、カートリッジ交換頻度等、メーカーによって色々異なるので、どれにしようか悩みましたが、最終的には「浄水器を買う目的は、水道水をきれいな水に変えることなんだから、除去対象物質が多いものがいい!」という決断にいたり、除去対象物質が19物質と一番多かったパナソニックのTK-CJ23を購入することにしました。

 

 

 

実際に使ってみると、目に見えて分かるものではないですが、蛇口から出る水を料理に使ったり、飲んだりすることへの抵抗感が薄れました。(気持ちの問題かもしれませんね。笑)

 

また、TK-CJ23には使用可能残量が表示されるパネルがあるので、カートリッジ交換時期がわかりやすくて便利ですし、残量の数値から、普段どれだけ水を使っているのかが把握でき、水の使い過ぎに気をつけるようになったので、節水への意識も高まりました。

 

浄水器の設置を考えていて、なるべくコストを抑えたい方にはぜひ、蛇口直結型の浄水器を選択肢の一つに入れてほしいと思います♪