あおぞら

旅と育児のブログ

ズボラ主婦の女子力・家事力アップへの道【2】|日焼け止めを塗り直す

f:id:nori_mama:20220208212919j:image

 

こんにちは!noriです☆

 

ふと鏡を見た時、目元のシミやしわが増えていてビックリしたという経験はありませんか?

 

少し前まではなかったはずの場所にいつの間に?とショックを受けますよね。

 

シミやしわが増えると老け込んで見えるので、なんとかしたいですが、コンシーラーやファンデーションで隠そうとしてもうっすらと見えてしまう。。。

 

できてしまったシミはレーザーで取るしかないですが、数が多いのでどれだけの金額になるのか、、、

 

私は産後に目元のシミが急激に増え、生まれて初めてシミやしわ対策に悩みました。

 

若い頃に日焼け止めをつけず、日差しを浴び続けた自分を殴りたいと、今になって後悔。。。

 

とりあえず、既にできてしまったものは仕方ないとして(レーザーで取るかは検討中)、これ以上シミやしわを増やさないためにできることをやっていこうと決意しました。

 

一番大切なのは、日焼け止めをしっかり塗ること。

 

シミやしわは加齢によるものもありますが、8割近くは紫外線が原因と言われています。

 

紫外線を浴びると肌はメラニンを生成し、通常であればターンオーバーによって排出されますが、紫外線を過剰に浴びてしまうと、メラニンが排出されずに蓄積され、それがシミとなって残ってしまいます。

 

さらに、肌が紫外線によるダメージを受けると、ハリのもととなるコラーゲンが減少してしまうため、肌が乾燥し、しわができやすくなります。

 

だから、シミ・しわ対策には、紫外線によるダメージから肌を守るために、日焼止めを塗ることがとても大切なんです!

 

でも、SPF数値の高い日焼け止めを使っているし、朝のメイク時に一回塗っておけば大丈夫♪と塗り直しをしていないことはありませんか?

 

朝のメイク時に日焼け止めをしっかり塗っていても、汗や擦れなどで落ちてきますし、日焼け止めに使われている紫外線吸収剤は、一定量の紫外線を吸収すると効果が弱まることもあるそうです。

 

なので、日焼け止めの効果を最大限に活かすためは、2〜3時間おきに塗り直すことがとても重要!

 

でも、塗り直しの度にメイクを落として日焼け止めを塗って、またメイクして、、、は大変ですし、現実的ではありませんよね。

 

だからといって、メイクの上から液体状の日焼け止めを塗るとメイクがヨレてしまいます。

 

そこで、いい方法がないか探してみたところ、UVパウダーというメイク用品を発見!(既に知っている人が多いかもしれませんが、私は初めて知りました。)

 

パウダーであればメイクの上から塗ってもヨレにくいですし、時間も手間もかからないので、簡単に塗り直しができます。

 

ちなみに私は@コスメで口コミが良かった、プライバシー UVパウダー50を購入しました。

 

 

SPF50+・PA++++と紫外線をしっかりカットしてくれるだけでなく、テカリ防止成分が配合されているので、メイク直しにもぴったり。

 

ティッシュやあぶらとり紙などで肌表面の皮脂や汚れを軽くオフした後、メイクの上からポンポンとパウダーを乗せるだけ。

 

簡単♪

 

使用前に余分な皮脂を拭き取っていれば、粉っぽさやヨレが出ず、キレイな仕上がりになります。(面倒だからと皮脂を拭き取らず、そのまま使用したことがあるのですが、その時は毛穴にファンデーションがつまり、メイクのヨレが目立ってしまいました。。。)

 

私は外出する前や外出先でお手洗いに行った時に、このUVパウダーで日焼け止めの塗り直しをするよう習慣付けています。

 

また、部屋の中にいても窓から紫外線が入ってくるので、外出しない日でも、お昼に最低1回は塗り直すようにしています。

 

日差しが弱い曇りの日や冬の季節も紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めの塗り直しは一年中必要です!

 

今まで日焼け止めの塗り直しをしていなかったという方は、今すぐ塗り直しを習慣づけて、新たなシミやしわをつくらないよう一緒に頑張りましょう♪